ホーム > 土地区画整理の流れ

土地区画整理の流れ

1.事業をはじめるにあたって

まちの将来像を、土地区画整理事業によって、どのように推進するかを地元の皆様の話し合いにより基本構想を策定します。

次に

2.施工地区の決定

地元の皆様で、話し合いを行い、定款及び事業計画を作成し、権利者の同意を取ります。(3分の2以上の同意)

次に

3.組合の設立

皆様の話し合いの結果をうけ、作成された定款・事業計画が知事の認可を受け、土地区画整理事業が始まります。

次に

4.総会

組合員の中から代表となる役員の選出等を行います。
この総会は変更の事項を決めるときには、必要に応じて開かれるものです。

次に

5.換地設計案の作成

事業計画及び個々の宅地の現況等に基づき、新しく定められる土地の位置などの設計案を作成します。

次に

6.仮換地指定

将来、換地として定められるべき土地の位置、範囲を仮に指定します。

次に

7.工事の実施

仮換地へ建物を移転したり、道路などの工事をします。

次に

8.町名・町境の設定

新しいまちにあわせて町名、町界、地番を整理します。

次に

9.換地計画の縦覧

換地を最終的に定めるため、その計画を皆様に説明します。

次に

10.換地処分

換地計画に基づいて、皆様の換地や清算金が確定します。

次に

11.土地・建物の登記

新しいまちに合わせて、施行者が書きかえます。

次に

12.清算金の徴収・交付、組合の解散

清算金の徴収・交付の手続きのあと、組合を解散して事業は、完了します。

ページトップへ