ホーム > 土地区画整理のメリット

土地区画整理のメリット

土地区画整理事業とは

整備が必要とされる市街地において、その一定の区域内で、土地所有者等からその所有する土地の面積や位置などに応じて、少しずつ土地を提供(減歩)してもらい、これを道路、公園などの公共施設用地等に当て、これを整備することによって、宅地の利用価値を高め、健全で、明るく住みよいまちづくりを行う事業が土地区画整理事業です。

区画整理にはこんなメリットがあります。

  1. 整理前の権利を保全しながら事業を行うため、
    長年地元でつちかわれてきた地域のコミュニティがそのまま生かされます。
  2. 曲がりくねった道路やすれ違いができなかった道路が、安全で快適な道路に生まれ変わります。
  3. 子供の遊び場や憩いの場として公園が確保されます。
  4. 地区内のすべての宅地が、道路に面し形の整った利用しやすいものとなり、境界も明確になります。
  5. 上下水道やガスなどの供給処理施設を一体的に整備することができます。
    公共施設が整備されます。

土地区画整理のしくみ

区画整理事業を行うためには、国や地方公共団体からの補助金の他に、地域の皆さんから土地を少しずついただくことになります。 皆さんから提供された土地は、一部が道路・公園などの公共用地となり、個人の土地が減った以上に住みよい街になります。
また、一部を売却して移転や公共施設の整備などの費用に充てられます。
この売却する土地のことを保留地といいます。
今回ご案内している分譲情報もこうした保留地の一部です。

土地区画整理のしくみイメージ
①換地
換地とは整理後の個々の土地のことです。換地の位置は、整理前の土地の位置、面積、環境、利用状況に応じて適正に決められます。
②公共減歩
地区内に新たに必要となる道路、公園などの用地確保のために、地区内の土地所有者が少しずつ土地を出し合うことです。
③保留地減歩
業費の一部をまかなう保留地を生み出すために、地区内の土地所有者が少しずつ土地を出し合うことです。

ページトップへ